こちらの記事では「ディーリングFX、青木陽一」が販売する、
以下の「裁量トレード」を前提とするFX商材の真実を暴いていきます。

トレンドハックFX~トレンドと反転の真実~



販売URL:https://sl.fx-lloyds.com/ar-ea/re.html
販売業者:ディーリングFX
提供者名:青木陽一

トレンドハックFX|トレンドと反転の真実のロジックと批評。

この『トレンドハックFX~トレンドと反転の真実~』は、
以下のようなノウハウに価値を感じるようなら「購入の価値アリ」だと思います。

・複数の時間足と移動平均線を使ったテクニカル分析
・ダウ理論に基づく移動平均線を使ったトレードルール
・裁量ありきの6~7割の勝率に対してリスクリワードは1.5倍以上


販売ページの方は「初心者向け」というよりは、

・FXで負けているトレーダーの多くが経験していそうな事
・FXで負けているトレーダーの多くが悩んでいそうな事


これらにスポットをあてているような内容になっているため、
ピンポイントな境遇を辿っているようなトレーダーにとっては、

「そうなんです、それを知りたいんです!」

と思えるような内容になっているのではないかと思います。

逆に「FXは未経験だけど興味はある」というレベルの人だと、
この販売ページに書かれている内容はあまりピンと来ないかもしれません。

それこそ、販売ページの方には販売者である、青木陽一という方の、
トレードの実績や、取引履歴の画像などは一切、掲載されていないため、

「販売ページに書かれている理屈、理論に共感できるかどうか」

といった判断基準が、ほぼ「全て」になるような情報商材です。

そんな『トレンドハックFX~トレンドと反転の真実~』で提唱されているノウハウは、
・4つの時間足チャートによるテクニカル分析
・ダウ理論に基づく移動平均線を使ったトレード判断

この2つが主軸で、

・1日足
・4時間足
・1時間足
・5~15分足(5分、10分、15分)


この4つの時間足チャートを使って「値動き」を予測していきます

実際のテクニカル分析とトレード判断に用いるのは、
・3つの移動平均線とボリンジャーバンド
・水平線(レジスタンスラインとサポートライン)
・ダウ理論に基づくチャートパターン(ダブルボトム、ダブルトップ)

といったラインナップで、ある程度の「経験者層」なら、
これらで「どういうノウハウか」は、概ね、予想できるはずです。

というより、これらのラインナップで多くのトレーダーが想定するであろう、

「こんなノウハウなんじゃないかな。」

というものが、ほぼそのまま詳しく解説されているという感じでした。

ただ、これは決して「悪い意味」ではなく、
この『トレンドハックFX』で提唱されているノウハウが、

「これらを使ったテクニカルトレードの王道にあたるもの」

という事なので、そういった王道路線のノウハウは大きな「ハズレ」にはなりません。

ですから、

・複数の時間足チャートによるトレンド分析
・移動平均線によるトレード判断
・ボリンジャーバンドの有効な使い方
・ダウ理論とそれに基づくチャートパターン


こういったものが全く分からない(知らない)という人にとっては、
価格(29800円※税抜)に見合うくらいの価値は十分にあると思います。

ですが、上記のようなものを概ね「認識している」という人で、

「これらを使って勝率6割くらいはクリアできる」

というような人なら、おそらく、この『トレンドハックFX』のノウハウは、
ほぼ「想定しているようなノウハウ」に近いものだと思って問題ないはずです。

この『トレンドハックFX』で提唱されているノウハウ自体が、
ある程度の「裁量判断」を前提としていますので、

『100人が100人、全く同じ判断になる』

というノウハウではありませんから、そこも含めて、
・1日足、4時間足、1時間足、5分足によるテクニカル分析
・移動平均線とダウ理論(ダブルボトム・ダブルトップ)によるトレード

これらで「勝率6割くらいは可能だろう」と思う人ならスルー。

それを実現できる具体的なノウハウを「知りたい」と思うようなら
価格(29800円※税抜)に見合うだけのノウハウは学べるんじゃないかと思います。


トレンドハックFXのノウハウに沿ったトレードの流れ

一応、この「トレンドハックFX」のノウハウに沿ったトレードは、
・1日足、4時間足、1時間足でトレンドの全体判断
・5分足、10分足、15分足のいずれかでトレンドの押し目狙い

このような流れで基本的には「移動平均線」を主軸に、
トレンド判断、エントリーの判断などを行っていきます。

その際の移動平均線の「使い方」も王道的なもので、
むしろ、王道過ぎるというくらい「普通」の使い方をします。

ただ、この部分はあえて「小難しい基準を省いた」という印象があるため、
それはそれで「メリット」になっている部分もあるのかもしれませんが、
移動平均線のより高度な使い方などを分かっている人からすると、

「もっと、こういう使い方をした方がトレードの精度も上がるんじゃないか」

と思ってしまうところかもしれません。

現に私はそう思いましたし、この「移動平均線の使い方」の部分は、
もう少し高度な判断基準を入れて加えてもいいくらいだと思いました。

あとは、
・ダウ理論に基づく水平線を引いた上でのダブルボトム、ダブルトップのシグナル
・ボリンジャーバンドの王道活用

これらのエントリー&クローズのポイントを判断していくという感じです。

これはほぼネタバレ?と言えばネタバレなのかもしれませんが、
私が今、ここでお伝えした事は、あくまでも、
・複数の時間足でトレンドを判断する
・移動平均線、ボリンジャーバンドを王道活用する
・ダウ理論に基づく水平線を引いた上でダブルボトムのダブルトップを意識する

といった、いずれも既に多くの文献やサイトなで取り上げられている、
王道的なテクニカル分析の「方法論」や「手順」に過ぎないものですから、
この「トレンドハックFX」のトレードノウハウ自体が「そういったもの」という事です。
あとは、このようなノウハウに価値を感じるかどうかが「全て」だと思いますから、

『あれこれやっているけど、結局のところ勝てていない』

という人にとっては、むしろ、こういうノウハウこそ、まずは必要なのかもしれません。

ただ、この「トレンドハックFX」に近いノウハウは、

・複数の時間足チャートによる複合的なテクニカル分析
・移動平均線、ボリンジャーバンドの王道的な見方、使い方
・ダウ理論に基づく水平線とダブルボトム、ダブルトップのサイン


これらを普通に1から勉強していけば、おのずと行き着くところです。

ですから、この「トレンドハックFX」にあえてお金を出さなくても、、、と思いますが、
そこを分かり易く、具体的なノウハウにしているのが、この「トレンドハックFX」なわけです。

そこに具体的なトレード事例や、トレードのサポートなども付いていますから、

「そういったものを含めて価値を感じるようなら購入の価値アリの情報商材」

という事です。

↓↓↓

>トレンドハックFX


以上、トレンドハックFXのレビューでした。

是非、参考にしてください。

***

ハッキリ言って、投資、トレードで本気で成功したいのであれば、
下手な「方法論」や「ノウハウ」にばかり目を向けるのではなく、

『まずは然るべき「原則」や「鉄則」をしっかりと学ぶべき』

というのが私の考えです。

少なくとも、私のブログ講座やメルマガ講座などでは、
とくにそのようなものに重きを置いた情報を提供していますので、
是非、順を追ってその1つ1つを参考にしてください。

>投資・トレード講座の一覧はこちらから