佐野裕氏のFXビクトリーメソッドアドバンスのロジックと評価

こちらの記事では「ウイニングクルー株式会社」が販売する、
以下の「裁量トレード」を前提とするFX商材の真実を暴いていきます。

佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス



販売URL:https://www.w-crew.com/fxvictory/
販売業者:ウイニングクルー株式会社、仲島友紀夫
提供者名:佐野裕

佐野裕氏のFXビクトリーメソッドアドバンス完全版のロジックと評価

こちらの「佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス」ですが、
私個人としては、あまりお勧めできない情報商材です。

以下、その主な理由です。


 ・インジケーターを多用する手法のため難易度が高い

 ・エントリー判断にインジケーター5つの複合判断は複雑過ぎる

 ・とくにオシレーター系指標3つの併用判断は初心者には困難


まず、この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』は、

・ボリンジャーバンド
・移動平均線
・DMI
・MACD
・ストキャスティクス


この5つインジケーターを利用するトレードノウハウで、
エントリーの判断時点でこの5つのインジケーター全てを利用します。

これは個人の感覚や、どういうテクニカル分析を行ってきたかでも変わる部分ですが、
私の個人的な感覚の上では、5つのインジケーターは「使い過ぎ」です。

5つ6つのインジケーターを併用する事が「当たり前」という感覚の人なら、
この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』のトレードノウハウは、
その「当たり前の感覚」の範囲内で普通に実践できるのかもしれません。

ですが、

・過去に複数のインジケーターを利用するノウハウで苦労した事がある
・できるだけシンプルなトレードノウハウで勝てるようになりたい
・そもそもテクニカル分析やFXの経験がそれほどあるわけではない


というような人には、間違いなく難易度が高いノウハウとなっているため、
この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』は、避けた方が無難だと思います。

この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』はのノウハウが有効かどうか、
実際に稼ぐ事ができるのかどうか、という点では、一定の有効性はあるノウハウで、

「佐野裕氏が提唱する裁量部分も含めて完璧にマスターできれば勝てるようになる」

と考えて問題ありません。

ノウハウそのものの有効性は申し分ない情報商材という事です。

ですが、この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』で提唱されているノウハウを、
しっかりとマスターできるかどうか、ルール通りのトレードを行えるかどうかは、
また別の問題になってきますので、そこが判断の分かれ目になるところだと思います。

ただ「インジケーターを5つを同時に併用した複合判断」というのは、
そのようなテクニカル分析に相当、慣れている人でなければ難易度が高く、
私個人としては、あえて習得を目指したいノウハウとは言えません。

多くのインジケーターを使うほどテクニカル分析の精度が上がるわけではないですし、
私が現状、メインで行っているテクニカル分析では指標は1つしか使っていませんから、

「複数のインジケーターを利用する複雑なノウハウをあえて習得したいとは思わない」

というのが、私の率直な考えだからです。


FXビクトリーメソッドアドバンスのノウハウ習得の難易度。

テクニカル分析に用いるオシレーターはトレンド系とオシレーター系に分類されますが、
私個人の感覚としては「オシレーター系のインジケーター」を多用するほど、
実際のトレード判断、エントリー判断などの難易度が高くなります。

トレンド系の指標はチャート上にチャートと併せて表示されますが、
オシレーター系の指標はチャートとは別に表示される形になるからです。

その点で、この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』のノウハウは、

・ボリンジャーバンド
・移動平均線


この2つの「トレンド系のインジケーター」と、

・DMI
・MACD
・ストキャスティクス


この3つの「オシレーター系のインジケーター」を併用するため、
これらの指標を全て表示させると以下のようになります。

↓↓↓



この『佐野裕のFXビクトリーメソッド』のノウハウではエントリー判断の時点で、

・最上段のチャートとボリンジャーバンドと移動平均線、
・その下に3つ分けて表示されている各オシレーター指標


これらを同時に確認して、それぞれの条件に適応した判断(裁量も含む)を下し、
最終的なエントリーや、その方向などを判断していく必要があるわけです。

正直、この「難易度」は、このような形のテクニカル分析を経験していないと、

「やってできない事はないのでは?」

と思ってしまう人もいると思いますが、この難易度は決して低くはありません。

逆に、このようなインジケーターを2つ、3つと併用したノウハウで、
過去に苦戦したようなトレード経験が実際にある人であれば、
この『佐野裕のFXビクトリーメソッド』の習得にはやはり苦労するはずです。

ただ、この『佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス』の情報商材自体には、
そのトレードノウハウ、トレードルールについてかなり詳しい解説と、
そのノウハウに沿ったトレードの実践動画を数百本単位で付属されています。

ですから、それらのトレード動画を何度も見て、学んでいけば、
ノウハウの習得そのものが「不可能」というわけではありません。

その上で、このようなノウハウで稼いでいく道筋を「選ぶ」なら。という感じですが、
裁量部分も含めて習得までにはどうしても相応の時間と労力を要する事になりますし、
習得後も複雑な判断において、どうしてもミスや間違いが生じてしまいます。

そういったところを含めると、そもそも初心者にはお勧めできませんし、

「あえてこのような複雑なノウハウの習得を目指す必要もない」

というのが私の率直な感想です。

佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンス完全版


以上、佐野裕のFXビクトリーメソッドアドバンスの批評でした。

***

ハッキリ言って、投資、トレードで本気で成功したいのであれば、
下手な「方法論」や「ノウハウ」にばかり目を向けるのではなく、

『まずは然るべき「原則」や「鉄則」をしっかりと学ぶべき』

というのが私の考えです。

少なくとも、私のブログ講座やメルマガ講座などでは、
とくにそのようなものに重きを置いた情報を提供していますので、
是非、順を追ってその1つ1つを参考にしてください。

>投資・トレード講座の一覧はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ