こちらの記事では「トリオアセットマネジメント株式会社」が販売する、
以下のFXのトレードノウハウ&ツールについての「真実」を暴いていきます。

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン



販売URL:https://okumura-fx.com/
販売業者:トリオアセットマネジメント株式会社
提供者名:奥村尚

マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーンについて

こちらの「マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン」については、
実際に提唱されている「ノウハウ」と「ツール」の検証を一定期間行いました。

その上での結論としては、
・決して「勝てないノウハウ&ツール」ではないが価格には見合わない
・44800円価格帯に見合うほどのノウハウ、ツールではない
・販売ページの公開パフォーマンスほどは勝てない(稼げない)

といったところが私個人の率直な感想という事になるため、
これだけを一見してしまうと、当然、良い印象は受けないと思います。

ただ、1からFXを始めていくような人の大多数は「負け」を経験して、
大抵は元手を減らしてしまうところからスタートするものですし、
そこから現在進行形で勝てていない人がたくさんいるのがFXの実情です。

そう考えると、そのような、

・完全に1からFXを始めていく段階にある人
・そこから現在進行形で負け続けているような人


などであれば、その状況で仮にこの「奥村尚のトワイライトゾーン」を手にして、
こちらで提供されるツールを使い、提唱されているノウハウを実践していけば、
そこから資金を減らししまうような事は実質的に避けられると思います。

ですから、私個人の率直な感想は上記の通りなのですが、
決して勝てないノウハウではない事は事実ですから、
それだけでも、この手の情報商材としては全然マシな方で、
それ以下の段階にある人にとっては「価値がある」と言えなくもありません。

ただ、私は、この「奥村尚のトワイライトゾーン」の提唱ノウハウよりも、
現時点で遥かに勝てている(稼げている)点や、これよりも安価で、
これより、より有効なノウハウを提唱している同系統の情報商材を認識しているため、

・自分自身の現状と自分自身が実践しているノウハウと比較した視点
・他のFXのノウハウおよびツールがセットになった情報商材と比較した視点


この2つの視点では、やはり強いて推奨したい情報商材ではないという感じです。

その前提を踏まえて「マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン」の、
トレードノウハウ、付属ツールの詳細やノウハウの再現性、収益性など
もう少し詳しいところを言及していきたいと思います。

奥村尚のトワイライトゾーンの「検証結果の相違」について

この「マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン」は、

・奥村尚氏が考案?した独自のインジケーター表示ツール
・その独自のインジケーターを用いたトレードノウハウ


これらが提供されるもので、その他、もろもろ付属するものもありますが、
結局のところ、上記がメインで、これで「勝てるのかどうか」が全てかと思います。

その上で、そのインジケーターを使ったノウハウの収益目安は、
・資金5000万円で3600~3800万円
・勝率72~74%
・月利12~13%

このようなパフォーマンスが2019~2020年の検証実績として、
販売ページの方に「トレードの履歴」と共に公開されているのですが、
実際に私が検証していく限りでは、このような数字には到底、及んでいません。

まず勝率が50%よりは少し上というくらいで、6割にも届かず、
長期的に検証を続けても、まず7割にはならないように思えました。

よって、実際には「もっと高い頻度で負けている」のが実情であり、
より多く負けている分のマイナス収支が収益の方も圧迫する形になっています。

ただ、これは「販売ページで公開している実績に虚偽がある」という事ではなく、
そもそも、上記の公開実績そのものが「偏った結果」を示したものなのだと思います。

というのも、上記の「検証実績」は、

・ドル/円(USD/JPY)
・ポンド/ドル(GBD/USD)
・ユーロ/ドル(EUR/USD)


この3つの通貨ペアを検証の対象としている事がトレード履歴から分かり、
2019年の実績では、上記3つの通貨ペアの全てでトレードを行っていました。

ですが、2020年の実績では何故か「ユーロ/ドル」のトレードが一度もなく、
そこに少し「不自然さ」を感じたため、2020年の上記の検証期間で、
実際に「ユーロ/ドル」のトレード実績を確認してみたところ、

「ドル円、ポンドドルに比べると明らかに成績がよろしくない」

という傾向が見て取れました。

また、ドル/円、ポンド/ドルでも、検証期間内における、
この「トワイライトゾーン」のノウハウとツール(インジケータ)に沿った、
全てのトレードポイントをトレードの対象にしているわけではないようでした。

要するに上記の検証実績は全てのトレードポイントを対象としたものではなく、
販売者側のチョイスで良い好都合なトレードだけを対象にしている可能性があり、
それであれば、あのような検証実績の数字の説明も付くと思います。

そこまで「あからさまな実績」をでっち上げているわけではないものの、
勝率は明らかに1~2割ほどは高く示されていますし、それに伴い、
収益の方は、かなり目減りする結果となっているのが実情です。

勝率1~2割分が負けトレードになるのですから当然と言えば当然なのですが、
そのような実情を踏まえて、販売ページに公開されている「検証実績」は、

「全くアテにならないもの」

という事です。

奥村尚のトワイライトゾーンの「ノウハウ」と「ツール」について

その上で、この「奥村尚のトワイライトゾーン」のノウハウとツールですが、

「ゾーン系の独自のインジケーターを表示するツール」

であり、イメージとしては販売ページの方にも言及されている通り、
既存の指標で言うと「ボリンジャーバンドのようなもの」になります。

↓↓↓

 

ただ、上記の通りボリンジャーバンドのような中心線(移動平均線)は無く、
また、形状も曲線ではなく、垂直な線がカクカクと表示されます。

そして、その実際の使い方、トレード判断もボリンジャーバンドに近く、
細かいロジックは異なりますが「ゾーン系のインジケーター」という時点で、
ボリンジャーバンドのように、ゾーンの中に相場がある時は「停滞」と見ます。

そこから、レートがゾーンの外側に動いていったタイミングで、

「上のラインを相場が上に抜けたら買い」
「下のラインを相場が下に抜けたら売り」


というだけのトレードルールとなっているため、
トレードルールは本当にシンプルですし、
このルール通りのトレードを行う事自体はものすごく簡単です。

そこからの「利食い」「損切り」も

「ゾーンの範囲(縦幅)の半分に相当する進行相場で利食」
「ゾーンの範囲(縦幅)の半分に相当する戻り相場で損切り」


と、これまた、ものすごくシンプルで簡単なルール(基準)のため
FXの完全な初心者、素人であっても提唱されているトレードは、
間違いなく、そのまま容易に再現する事が出来ると考えて問題ありません。

その上でそれなりには勝てる(利益は出せる)という点では、
そもそも「FXで全く勝てていない人」や「損をしている人」であれば、

「FXで負けなくなるだけでも進歩にはなる」

と言えないこともありません。

そういう視点では「ノウハウとツールに少しは価値がある」と言えますが、
私的に、このノウハウとツールをいまひとつ評価する気になれない点としては、

「ゾーンの範囲(縦幅)の半分に相当する進行相場で利食」
「ゾーンの範囲(縦幅)の半分に相当する戻り相場で損切り」


このような利食いと損切りのルールを前提としている以上、
このトレードノウハウのリスクリワードは常に「1:1」になります。

要するにエントリーポイントからルールに沿った利食いポイントと、
ルールに沿った損切りポイントの距離(レート差)が「同じ」なわけです。

この時点で、相場の値動きが上がるか下がるかを単純な確率論で考えれば、
リスクリワードが1:1なら、どんなに適当なトレードをしても、
長い目で見れば、勝率が50%前後になるのは当たり前と言えます。

実際はそこにスプレッド分のマイナスなどが絡むので、
仮に50%の勝率になってもFXでは勝てない(利益が出ない)のですが、

「リスクリワードが1:1なら勝率は50%ほどになるのが当たり前」

という前提で考えると、その勝率を高められる範囲が、
このノウハウおよびツール(インジケーター)の「精度」にあたります。

ですが、実際のところ、それが50%「強」という程度の勝率で、

「実際の勝率が6割ほどにも届いていない」

という検証結果になっているため、このレベルの「精度」なら、
それこそ既存のインジケーターを使う形でも、同じくらいか、
それ以上の勝率は実現できてしまうのが実情です。

そもそもインジケーターというのは

「使わないよりは使った方が少なからず相場予測の確率を上げられる」

という事が前提ですし、そうでなければ意味がありません。

ですから、それなりに有名どころの名の通ったインジケーターを使えば、
この「奥村尚のトワイライトゾーン」くらいのトレード成績は、
普通に同じくらいか、それよりも上の成績を出せるレベルだと思います。

要するに「44800円」という情報料で提供している有料のインジケーターと、
そのインジケーターを使ったトレードノウハウの根本的な「精度」が、
実際のところ、普通に無料で使える有名どころのインジケーターと、
そこまでの「大差」は無いような結果になっているという事です。

要するに、世の中の大半の負けているトレーダーは、
シンプルにリスクリワードを「1:1」に固定したルールで、
何かしらのインジケーターを利用して勝率50%以上を目指せば、

・大きくは負けないトレード
・ある程度は勝てるトレード


を実現できるという事であり、そこにも達していないトレーダーは、
これ以下の「負けるようなトレード」をあえてやっているというわけです。

ですから、そういう人が、この「奥村尚のトワイライトゾーン」を手にすれば、
現状よりは「マシな状況になる」という事は間違いないものの、
それは、とくにこの44800円の情報商材ではなくても実現できる事です。

現に販売ページの方に掲載されているQ&Aでも、
Q:平均勝率はどのくらいでしょうか?
A:勝率はだいたい55~65%前後です。
といった項目があるように、やはり検証実績として公開されている、
7割を超えている勝率は、意図的に数字を高めたものである可能性が高く、
こちらのQ&Aの内容が、おそらく現実的な数字(勝率)なのだと思います。

ただ「リスクリワード1:1」のトレードルールでこの程度の勝率なら、

・既存のインジケーター(移動平均線、ボリンジャーバンドなど)
・相場の法則(グランヒル、ゴールデンクロスなど)


などでも十分に実現できる数字ですから、44800円もの大金を支払って、
この「奥村尚のトワイライトゾーン」を購入する必要は無いように思います。

ノウハウやツール以外に色々と付属しているものもありますが、
それらを含めても、やはり44800円もの価値は私は感じられませんでした。

結論として、

「マーケットの魔術師 奥村尚のトワイライトゾーン」

は、私の見解としては「価格に見合わない」という結論です。

***

尚、本当の意味で勝てる、稼げるトレードノウハウとツールを手にしたいなら、
それこそ、この「奥村尚のトワイライトゾーン」の半額以下の値段で、

・本当に勝てる有効なトレードノウハウ
・そのトレードノウハウのためのトレードツール


これらを入手できる『FXism及川デイトレ大百科』という、
お勧めのトレードノウハウ&ツールのパッケージがあります。

今回の「奥村尚のトワイライトゾーン」の批評で言及した

・リスクリワード
・勝率


の2点で言えば、リスクリワードは「リスク」が2に対して、
リワード(リターン)の方が3とリターンの幅の方が広い条件で、
それこそ、勝率の方は実際に7割近くを実現できているノウハウです。

あえてお金を出してまでトレードのノウハウを学ぶのであれば、
それくらいのパフォーマンスを実現できるものに時間とお金を使うべきです。

とは言え、そういった「本物」が極端に少ないのが実情でもありますが、
その『FXism及川デイトレ大百科』のノウハウは間違いなく「本物」なので、
もし、興味があれば、こちらの紹介記事をご覧になってみてください。

推奨FX教材「FXism及川デイトレ大百科」の紹介記事はこちら