本日はインフォトップで数日間に渡り、
売上ランキングの上位に入り続けている、
以下のバイナリーオプションの教材を取り上げておきます。

北川由里子ママ式 「YOKUBARI BINARY」



販売URL:http://yokubarimama.com/
販売業者:株式会社MLD CREATION
販売者名:北川由里子

北川由里子ママ式 「YOKUBARI BINARY」レビュー

まず、この『北川由里子ママ式 「YOKUBARI BINARY」』は、
販売価格が「27000円」と、投資系の教材としては安価ですが、
この価格帯には、実は「理由」と「カラクリ」があります。

また、販売ページの方で公開されている「実績」にあたるものも、

・264戦184勝80敗、勝率69.7%
・毎月30万円以上の利益


といった勝率や収益が公開されている形になっていますが、
これらの「裏付け」として併せて提示されている、
トレード実績画像にも実は「カラクリ」があるんです。

というのも、この『北川由里子ママ式 「YOKUBARI BINARY」』は、
その名称の通り「バイナリーオプション」を対象とするもので、
販売ページ上に掲載されている「実績画像」等は全て

「MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)」

というバイナリーオプション業者のものとなっています。

ただ、この「MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)」は、
2014年の3月に関東財務局の方から

「無登録で金融商品取引業を扱っている業社」

として、大々的に警告を受けている業者です。

↓↓↓



要するに、このMILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)は、
金融ライセンスを取得していない海外運営業者という事です。

バイナリーオプションの業者にはこういった、
金融ライセンスを取得していないような海外運営の業者が多く、
このような業者では「資金の保全」といった保証体制が何もありません。

バイナリーオプション業者の海外ブローカーの中には
きちんとライセンスを取得して信託保全を行っている業者もあり、
そのような業者は顧客から預かった資金をしっかりと分別管理して、
しっかりとその「保全体制」を整えた形で運営されています。

もちろん、

信託保全されている = 100%安心

というわけではありませんが、
少なくとも金融ライセンスを取得していないような業者は、
そのような保全体制そのものが整えられていないという事です。

当然、そのような業者に資金を預ける事自体が非常に危険ですから、
その時点で私的に、この『北川由里子ママ式 「YOKUBARI BINARY」』は、

「根本的に検証の対象にもならない」

という結論に至りました。

そもそもこのように、

「財務局から警告を受けている」

という事は利用者から相当数の苦情の声が上がったからであり、
実際に「火(非)の無いところ」からこうした煙は上がりません。

そして、そのような「具体的な苦情」の要因などはやはり、
いざトレードで増やした資金を出金できないなどの声にあたります。

実際、このようなバイナリーオプションの取引業者は、
海外に法人登記などを行えば、実はどこの誰でも開業が可能で、
今はそういうシステムもパッケージ化されている状況ですから、

・預かった資金を持ち逃げする前提
・利用者に大勝ちされた時点で撤退する前提
・あわよく大勝ちされなければ継続する前提


といった、言わば「詐欺」が前提の業者も少なくありません。

バイナリーオプション業者の一部にはそういう背景があるので、
この「MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)」も
そのレベルの取引業者である可能性があるという事です。

何より「MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)」は、
非常に「情報商材系」での露出が高い傾向にある事から、

「この手の情報販売業者との繋がりがある」

とも考えられます。

つまりMILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)の運営者と、
情報商材の販売者が「グル」になって実績画像などをでっち上げ、

「その利用者を増やす為に情報商材」

を次々と売り出している、という可能性も十分にありえるわけです。

何故、数あるバイナリーオプション業者の中で、
あえて財務局に警告を受けたミリオネアオプションを利用し、
また情報商材で、そのような業者をあえて推奨するのか。

何故、そんなミリオネアオプションの利用を前提とした
派手な実績画像が掲載された情報が次から次へと出て来るのか。

この辺りを考えてみれば、やはり、その「可能性」は、

「極めて現実味が帯びたものになる」

と言わざるを得ません。

そうなると、この『北川由里子ママ式 YOKUBARI BINARY』のように
その販売ページに掲載されているような「実績画像」にあたるものは
MILLIONAIRE OPTION(ミリオネアオプション)側で作りたい放題です。

そして、実際にそのような「癒着」があると考えれば、
こうして情報商材の価格が「安価」な事にも辻褄が合います。

こういったバイナリーオプションの取引業者と
情報商材の販売者がグルになっているようなケースは

「実際(現実)にある」

という話をその筋の関係者からも聞きますので、
この手の情報商材には、基本的に注意を払った方がいいかもしれません。

バイナリーオプション及びその業者の実体については
こちらの記事も併せて参照にして頂ければと思います。

>バイナリーオプションは詐欺なのか。私がバイオプが危険だと思う理由。

***

ハッキリ言って、投資、トレードで本気で成功したいのであれば、
下手な「方法論」や「ノウハウ」にばかり目を向けるのではなく、

『まずは然るべき「原則」や「鉄則」をしっかりと学ぶべき』

というのが私の考えです。

少なくとも、私のブログ講座やメルマガ講座などでは、
とくにそのようなものに重きを置いた情報を提供していますので、
是非、順を追ってその1つ1つを参考にしてください。

>投資・トレード講座の一覧はこちらから