投資家、FXトレーダーとしての在るべきマインドセットとその必要性。

投資やトレードで勝ち続け、成功し続ける為には、
投資家としての在るべきマインドセットが重要である。


こんな事を謳っている情報商材、書籍、投資セミナーは数知れません。

ただ、これを聞いた人の大半はこう思うはずです。

「そんな精神論で稼げれば苦労はしない!」

と。

今回は、そんな投資、トレードで成功するために「重要」とされる、
いわゆる「マインドセット」と呼ばれるものを考察してみたいと思います。

投資家、トレーダーとしての在るべきマインドセットとその必要性。

その「マインドセット」と呼ばれるものを重要とする主張と、
そのような「精神論」だけでは勝てないという主張。

これらは実情として、どちらも「間違ってはいない」と思います。

ですが、多くの人は根本的に、
その「マインドセット」と呼ばれるものの意味、
その必要性、重要性の視点を間違えて捉えています。

また、実際にその「重要性」を主張しているような人でも、
その部分で的外れな事を言っているケースも少なくありません。

そもそも、投資、トレードの際に必要なマインドセットというのは、

「やれば出来る」「自分を信じる」

というような世間一般的に言われる自己啓発的なものではなく、
そういったものとは別の「心の強さ」にあたるものだと思います。

言うなれば、日々の「相場(値動き)」との戦いの中で、
常に「冷静」な判断で「理」に適ったな行動を取る事ができる、
そういった「心の強さ(=精神力)」が重要なわけです。



更に言えば、相場の動きと共に押し寄せる、

・恐怖
・欲望


これらに「勝つ」という視点でのマインドセットは、
事実として、私も「極めて重要なもの」だと思います。

そういった「恐怖」と「欲望」に支配されてしまい、
これらに負けてしまっている投資家、トレーダーほど、
投資、トレードにおいても大きく負けている傾向にあるからです。



むしろ、そのような投資家、トレーダーは、
そういった恐怖、欲望に「勝つ」ということや、
それらに「負ける」ということを真逆に捉えています。

例えば「含み損」が出た時、その状況をジッと耐えていく心理などは
一見、恐怖に打ち勝つ「心の強さ」に思えるかもしれません。

・・・ですが、これは完全に「真逆」で、むしろその状況は、

「損をしたくなり(損失を確定したくない)」

という「欲望」に負けている状況に他ならない状況です。

ただ、これは決して

「含み損が生じた時は即座に損切りをするのが正しい」
(それが欲望に打ち勝つ事に他ならない)

という事を言っているわけではありません。

ここで私が言いたい事は、相場の動きを捉える上で、

・何の根拠もなく感情だけで状況を判断してはならない
・都合の良い値動きを期待するべきではない


ということです。

その「状況判断」には全て、相応の「根拠」に基づく形で、
しっかりと「理に叶った行動」を取っていく事ができなければ、
まず、投資、トレードで勝つ(稼ぐ)事はできません。

もちろん、相場の世界に「絶対」はありませんから、
その「根拠」や「理」にあたるものは、
経験や検証の結果から自分なりに導き出していくものです。



よって、それに従ったからと言って、
やはり必ずしも「勝てる」とも限りません。

それでも「負ける時」はあると思います。

だからこそ、投資、トレードで勝ち続けていくには、
自分なりに確立していく「基準」や「ルール」の精度を
常に高め続けるためのトライ&エラーが必要不可欠なんです。

そして、それを繰り返していく事こそが、
投資家、トレーダーとしての在るべき姿であり、

「相場と向き合いながらお金を稼いでいくための行動」

にあたるものは、そういった自分なりの基準、
自分なりのルールの精度を高めていく事に他なりません。

にも関わらず、恐怖や欲望に任せて感情的な判断で、
ただ、自分にとって都合の良い値動きを期待するような行為は、

・相場判断における基準やルールを追求していく事、
・その基準やルールに従っていく事


これらを完全に「放棄」しているのと同じです。

それを放棄してしまう時点で、その投資家、トレーダーは、
運によって「一時的な利益」を手に入れる事は出来ても、
まず、長期的に勝ち続ける事は出来ません。

つまり投資家、トレーダーとしての在るべきマインドセットは、

「相場には決して感情や無根拠な期待を持ち込まない」

という事であり、これが「恐怖」や「欲望」といった感情に、
決して「負けない(流されない)」という事なんです。


欲望と恐怖のバイアスとその方向性。

また「人間心理の傾向」として、多くの人は、

・手にした利益を守りたい
・損失を避けたい


このような心理から、欲望や恐怖が生まれ、
状況判断や行動がそれらに支配されてしまう傾向にあります。



行動心理学用語で言うところの、

「プロスペクト理論(損失回避の法則)」

というやつです。

その上で、投資やトレードで勝ち続けている投資家、トレーダーは、
この法則に伴う集団心理を、むしろ逆手に取っている傾向にあります。

言い方を変えるなら、その心理法則に支配されてしまう人ほど、

・損切りの判断を見誤って大きな損失を生んでしまう。
・早まった利益確定で大きな利益をみすみす逃してしまう。


といった状況にまんまと陥ってしまう傾向にあるんです。

まさに、相場の世界で、

「利食いが早くて、損切りが遅い」
「コツコツ勝って、ドカンと負ける」


このような状況に至ってしまう人が多いのは、
この心理傾向によるものと考えてまず間違いありません。

単純に考えれば上がるか、下がるかを予想するだけの相場の世界で、
圧倒的に「負けている人」の方が多い傾向にあるのも、
まさに、その「心理傾向」が起因していると考えられるわけです。

FXトレードで言うところのエントリー時点のポジションから、

・損失の確定を先延ばしにできる
・利益の確定をいつでも実行できる


といった仕組みが前提である以上、
その売買の判断を「感情」に任せれば任せるほど
人間心理の傾向上、最終的には「負けてしまう」わけです。

そのような感情的な判断では、
勝つ時の利益は小さく、負ける時の損失大きくなるため、
どんなに一時的な利益をそれなりのレベルで積み上げられても、
一度の大きな負けでそれ以上の損失を生み出してしまうからです。

つまり。そのような恐怖や欲望に負けてしまう精神性では
まず、投資やトレードで「勝ち続ける事は出来ない」ということです。


相場における状況判断には決して感情を持ち込んではならない。

ただ、ここでお伝えした事、その理屈は、頭では理解できても、
いざ、相場に向き合い、そのような状況に立ったような時、
それとは真逆の判断、行動を取ってしまう人も少なくありません。

まさしく、そのような時に「試される」のが、

「感情を押さえて理に叶った判断のみを冷静に下せる心の強さ」

であり、それこそが在るべきマインドセットに他ならないという事です。

同時に「現実的」に投資、トレードで結果を出していくには、
自分自身が「拠り所(頼り)」にできる売買の基準やルールを
しっかりと確立し、モノにする必要があります。

・十分なリターンを実現できる基準(ルール)
・そのルールを常に厳守できる精神(マインド)


投資、トレードの世界では、この2つが不可欠な要素という事であり、
このどちらが欠けていても、この世界では、成功し続ける事はできません。

その上で、多くの人はろくに十分な基準やルールを確立できていない状況で、
それこそ「手探り」のまま相場にお金を投げ込んでしまう傾向にあり、
その拠り所が不十分なため、相場に感情を持ち込んでしまうんです。



相場の世界、トレードの世界で成功を手にしていく上では、
しっかりと自分が拠り所にできる有効な基準やルールを確立するため、
その研究と検証に時間と努力を惜しまない事が重要かと思います。

もちろん、それは既に確立されているノウハウを学んだ上で、
それを自分のモノにしていくという場合も同じです。

その上で、十分なリターンを期待できる基準やルールをモノに出来てこそ、

「それを頼りに状況判断を下せるマインドを自分の中に作り出せる」

という事です。

この事はしっかりと肝に銘じるようにしてください。


 よって、このブログで私が推奨しているトレードノウハウ等は、
 私がその基準や理論の有効性をしっかりと「検証」を重ねた上で、

 「長期的な有効性を十分に見込める」

 と判断したものだけを推奨しているという事です。

 >小野が推奨する投資系・トレード講座など

ただ、投資、トレードで本気で成功したいのであれば、
下手な「方法論」や「ノウハウ」にばかり目を向けるのではなく、
まずは然るべき「原則」や「鉄則」をしっかりと学ぶべきだと思います。

少なくとも、私のブログ講座やメルマガ講座などでは、
とくにそのようなものに重きを置いた情報を提供していますので、
是非、順を追ってその1つ1つを参考にしてください。

>投資・トレード講座の一覧はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ